読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

5月24日は「ヘアーサロン ノリモトの新装開店一周年記念日」です。楽しい企画を考えました。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

後1週間で店の新装開店一周年になります。

早いもので、もう直ぐ店を新しくして一周年が経ちます。

床屋一本だった店を、床屋・美容室と分けて新しくオープンしたんですよね。

やる前には色々と悩んだりして、不安と楽しみが入り混じった感じでしたが、一年経ってみるとなんとなく自然に過ぎてしまったなって感じているんです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20170513/20170513122147.png

こんな田舎で新しく店をオープンさせて「大丈夫か?」なんて心配してくれた友達やお客さんもいてくれましたが「ヘアーサロン ノリモト」を可愛がってくれているお客さんのおかげで、無事に一周年を迎えることができそうなんです。

本当にありがとうございまいした。

何か一周年記念で思い出になることをしたい

そこで一周年にお礼を兼ねて何かをしたいなっていつも考えていたんですよね。

初めは一年間お世話になったお客さんに、何か気が利いたプレゼントでもしょうと考えていたんですが、なかなか喜んでもらえそうなものに出会えなかったんですよ。

それにこれはいなって思うと、金額的にも少し無理な雰囲気のものが多く、ボクが考えているものがなかったんです。

f:id:ayuturi40:20170516132709j:plain

そんな時にふと考えついたのが、Twitterでいつも使っている言葉でした。

それは自分や誰かに元気になってもらうために使う言葉なんですよね。。

大好きなエルヴィス プレスリーをイメージして「エルヴィスの様に元気よく、かっこよく、楽しく行こうねー」という意味合いで

「エルヴィって行くよー」

って使ってたんです。

f:id:ayuturi40:20170516130628p:plain

その言葉を使うことで、元気が出る気持ちになれるんですよね。

ならこの言葉を使ってお客さんに元気になってもらいたいなって考えたんです。

どうしたらお客さんに「エルヴィって」もらえるだろうか、喜んで楽しんでもらえるだろうか、いつも考えてました。

エルヴィス顔抜きパネルで「エルヴィって行こうぜー!」

そこで1番初めに考えたのが、エルヴィスになってもらおうと「エルヴィスのカツラとヒレヒレのついたステージ衣装」を着てもらおうと考えたんです。

でもかぶったり着たりするのは、少し面倒だし時間がかかり過ぎちゃう。

f:id:ayuturi40:20170516150054j:plain

何か他にエルヴィス プレスリーになれるのもないかなって考えたんですよねー。

そしたら、ありました。

顔抜きパネルです。

エルヴィスの顔抜きパネルだったら直ぐにエルヴィスになれますもんね。

早速色々とエルヴィスの写真を調べたんだけど、良い写真がないです。

f:id:ayuturi40:20170516133306j:plain

ヒレヒレがついた晩年のエルヴィスの顔抜きは、一つ間違えると錦野旦になってしまうし(笑)

一番難しかったのが、顔を抜くとエルヴィスだか誰なのか分からなくなってしまうことなんですよねー。

でもでも色々と悩んで、こちらの顔抜きエルヴィスになりました。

f:id:ayuturi40:20170516133246j:plain

 

これなら完璧に「エルヴィって」いるでしょー。

5月24日から誰でもエルヴィスになれる「エルヴィって行こうぜー」という楽しみな企画を始めます。

「ヘアーサロン ノリモト」一周年記念の思い出に、顔抜きパネルで「エルヴィって」もらい、記念写真を撮らせて頂きますので、どしどし参加してくれると嬉しいです。

それでは、お待ちしていまーす。

母の日に感じたことは、感謝の気持ちを伝える時って、人それぞれの想いが詰まっているんだなってことでした。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

昨日は母の日ということで、FacebookでもTwitterでも自分の思いのこもったプレゼントを、母親やお世話になっている人、そして奥さんにした投稿が多くされてました。

そんな投稿を見て、プレゼントする方の思いやもらった側の思いが、その文章を読ましてもらって人それぞれ思いの詰め方が違うんだなって感じたんです。

母の日に提案した エレクトロン パドル ブラシ

ボクが「母の日にどうですか?」と言って、FacebookTwitterに投稿した エレクトロン パドル ブラシ は、髪の毛や頭皮、体にも良い不思議なブラシなんですよ。

でもそのブラシは値段的にも決して安いものではなく、お客さんは実際にその効果を感じて購入するわけでは無いんですよね。

f:id:ayuturi40:20170506170707j:plain

エレクトロン パドル ブラシ です)

そんなブラシを男性の方の何人かは母の日のプレゼントにしたいと言って買ってくださいました。

f:id:ayuturi40:20170515063735j:plain

この商品をお客さんが選んでくれた理由のは、髪の毛にほとんど関係することなんですけど、人それぞれプレゼントする思いが違うんですよね。

母親に昔みたいに「きれい」になって欲しい

あるお客さんは、実家で暮らしている母親をたまに帰った時に見ると、髪の毛が昔より薄くなり、いつも綺麗にしていたのに、最近は手入れもあまりしなくなったみたいらしいんです。

f:id:ayuturi40:20170515063322j:plain

そこでボクにこう聞いて来ました。

「母の髪の手入れを最近しなくなった母親に、昔みたいに綺麗な髪の毛でいて欲しいんですよね。このブラシをプレゼントしたら喜んでくれますかね?」

もちろんボクは「喜んでくれますよ」って胸を張って答えました。

f:id:ayuturi40:20170515063453p:plain

商品の良さには自信がありますが、それ以上に母親に対するお客さんの気持ちを凄く感じたから「喜んでもらえる」って答えたんです。

奥さん思いの旦那さん

そして奥さんにプレゼントされた方も見えました。

奥さんが初めて子供を出産して子供のことばかり手にかかり、なかなか自分のことにまで気を使うことができないのを見て、旦那さんが少しでも髪の毛の手入れに使ってもらいたい。

f:id:ayuturi40:20170515063514j:plain

そんな優しい気持ちで、母親になった奥さんにプレゼントされたんですよね。

他のお客さんにも母の日のプレゼントとして買って頂きました。

そんなお客さんのプレゼントする気持ちを考えると、相手に対しての感謝の気持ちがその方それぞれに想いを待っているんだなって感じたんです。

f:id:ayuturi40:20170515063548j:plain

そんな感謝の想いを伝える日の一つとして、母の日はいいなって思いました。

それでは、またー。

人は物が無ければないでちゃんと代用品を考えて使うんだなってことを、先人の方から教えられました。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

お客さんとの話

昨日今日は静岡市で大きなホビーショーがあるんですねー。

お客さんの中でも何人か行くという話を聞いて、ホビーって子供だけしか興味がないと考えていたけど、実は大人の方が真剣に楽しんでいる人が多いんだって分かりました。

www.hobby-shizuoka.com

いつまでも子供の時に楽しかったものって、いつまでも楽しんだなって感じたんです。

そんな話をお客さんとしていたら、灯油の話になってしまって・・・・。

和歌山でのこと

実はこの前大阪に行った時に、家族で和歌山県に遊びに行ったんです。

その時慣れない土地で車のガソリンを入れないといけない状態になってしまったんですよね。

f:id:ayuturi40:20170514134243j:plain

初めての道ですから、どこにガソリンスタンドがあるのか分からないじゃないですか。

ありそうな国道をなるべく走りながら目的地に向かったんですが、反対側の道にあったりしてなかなか入れることができなかったんですよね。

しかしなんとか見つけてガソリンを入れたら、1リットルが137円でした!!

馬鹿高い!

ボクの地元の佐久間町浦川のスタンドでも128円ぐらいですからねー。

f:id:ayuturi40:20170514134314j:plain

和歌山は物価が高いのか、ガソリンがやけに高いのか、他の店も同じくらいだったんです。

そんな話をしていて、お客さんと「ガソリンが高くなった時ってあったよねー」なんて話をし始めたんですよ。

ガソリンからトイレットペーパー

そしたら「ガソリンが高くなった時って、トイレットペーパーを奪い合って買った時だったよねー」なんて話になったんです。

それでボクが「昔は、ちり紙と言って四角い硬い紙でお尻拭いていたんだよね」って話をしたんです。

f:id:ayuturi40:20170514134504p:plain

お客さん調子に乗って来て「オレが知ってるとこなんて、新聞紙で拭いていたよー」なんていうんですよ。

とんでもない代用品

そしたら隣でやっていたお客さんが「そんなのはまだいい方でさー、隣村の〇〇村では、竹べらで拭いていたよ」だって!

f:id:ayuturi40:20170514134718p:plain

(イメージ)

マジにー!

また作った話だなって感じて後から来た年配のお客さんに聞いたら、そんな話を聞いたことがあるって言ってました。

まさか昭和の時代に竹べらを使っていた地域があったとは、それも直ぐそこで。

f:id:ayuturi40:20170514190116j:plain

物を大事にする年代の人は、物が無いならないで代用品を考えて使うんだなって分かったんです。

今はそんなことはないかもしれませんが、もしかしてまだ使ってる所があったら、取材に行ってみたいなって考えちゃいました。><

それでは、またー。