読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

ボクの売る店販商品の値段はいくらでもいい、お客さんにとっての価値観で値段が安いか高いかが決まる。

こんにちはー。浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 昨日来店してくれたお客さんが言った言葉を聞いて、お客さんが感じてる「ボクが売る店販商品」の価値観について、自分が感じたことを書いてみますね。 ボクが扱っている商品は全てボクが好きなもの ボ…

クリームズクリームは混ぜることで、飽きのこない香りを楽しむことができる。

こんにちはー。浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 このまだ乾燥した寒い季節は、肌のカサカサや乾燥に悩んでいるお客さんが多いんですよね。そんな方には保湿力の高い全身洗浄のクリームズクリームを紹介しています。 クリームズクリームの甘さの秘密 …

ボクがオススメした商品でお客さんが喜んでくれる。その声を聞くのが嬉しいんです。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 ボクは今ままで使っていたシャンプーやボディーソープは、体に合わないっていう人に「クリームズクリーム」という全身洗浄剤をススメています。この商品はクリームで体を洗うから泡が立たないんですよ…

お客さんから色々な言葉を頂く「クリームズクリーム」これだけ喜ばれる全身洗浄剤も珍しいね。

こんにちはー。浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 昨晩の風にはビックリしました。まさに台風を超えてハリケーンのような暴風雨です。嫁さんが物干し竿が心配になって、ボクに見に行ってと言ったけど「ムリー」でした。行ったら物干し竿の前にボクが吹…

試練て実は自分が成長するための、大事な栄養剤ではないかなって考えてます。

こんにちはー。浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今朝は猛烈に寒いのに、天気予報では日中はすごく暖かくなるようなことをいってました。でもこれだけ寒いと少し暖かくなるのは不安になってきますね。でも明日からの気温が楽しみです。 新しいことへの…

去年から店で大人気の「復元ドライヤールビー」を使っているお客さんから、喜びの言葉を頂きました。

こんにちはー。浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 昨晩から急な冷え込みがあり、水道の凍結が心配でしたが昨晩のうちに蛇口から水を出すようにしておいたのでよかったです。こういった様に初めから警戒情報が出てればいいのですが、一番怖いのは予期せ…

カナダに荷物を送ろうとして、改めて日本の安全性と信用の高さがわかりました。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今日は寒いには寒いのですが、少し和らいだ感じがしました。きっとまた寒気が日本を囲むと、ここら辺も雪景色を見るようになるかもしれませんね。ただこのまま春が来てくれたら良いなって考えました。…

嫁さんが言った「店販の商品に値段を付けてないじゃん」て言葉で、初めて値札がないことに気がついた。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今日は大寒ということでもっと寒くなると考えていたのですが、思いの外そんなに寒く朝は感じませんでした。でも天気の状態が良くないので、これからもしかすると雪が降るかもしれませんね。 今日の出…

ボクが売ってるクリームズクリームは、お父さんと娘さんとの距離を縮めるお手伝いをします。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今日は上天気になりましたが、今朝の寒さはハンパなかったです。だって寒いというより、冷たい痛いって感覚の方が朝の寒さに合ってましたからね。これからどういった寒さが続くのか少し不安になります…

フィフティーズな自分の店が気に入りすぎて、また自分の部屋にしたくてたまらなくなっちゃいました。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今朝は一番の冷え込みでした。隣に住んでるおじちゃんが朝ボクの顔を見るなり「おい、俺の車のフロントガラスが初めて凍ったよ」ってわざわざ大きな目を広げながら教えてくれました。今日はそのぐらい…

クリームズクリームを売り始めて分かったことは、男性って少年の心をいつまでも持っているということでした。

こんにちはー。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今日は少し暖かい感じの雨降りでしたね。1日雨のつもりがお昼近くになり少し雲間から太陽が顔を出す時がありました。こんな日には暖かい太陽の日差しがありがたく感じます。 クリームズクリームの良さ…

「クリームズクリーム」って商品は、売る気はないんだけど売れちゃいます。

こんにちは〜。 浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。 今日は我が町のシンボル、浦川富士を朝焼けが包んだ姿がとても綺麗だったんです。そこで早速一番いいポジションに行き撮影をしました。久ぶりに見上げる地元の富士山は、なんとも高くて大きいなって感…