浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

ゴルフってイメージで上手くなる

おはようございます。

 

浜松市佐久間町の理容師  乗本和男です。

 

 

昨日は、年一回の僕が主催するゴルフコンペを開催しました。

毎年、なぜか天気がいいんですね。と言うより雨だどみんな参加してくれないので><

雨の日にならない日をチョイスして開催してます。

 

酔拳ゴルフクラブ、これが僕たちのゴルフコンペの名称です。名前の通りゴルフよりお酒が好きというゴルファーの集まりなんです。

 

f:id:ayuturi40:20151020113516j:plain

でもこのコンペは、とてもプレーヤーに優しく、スコーアーを気にしないと言うか

練習を全くしないで飲むだけが楽しみでゴルフファーが半分はいます。(笑)

 

ゴルフプレーは、基本つまみ程度しか考えていない人がほとんどでして、朝から

スタート前は、必ず一杯やらないとスタートできません。

 

そんな仲間と回るのですが、昨日同伴した僕の同級生のOO君まさにその代表でして、

基本、このゴルフコンペしかゴルフをしません。ゴルフより飲むこと優先なんです。

 

12年前に初めてコンペを開催してそれから、ずっと出てもらってます。

一番初めのスコアーは確か、170ぐらいだったと思います。

 

でもこんなスコアーのが、当時半分はいましたからね。(笑)だから、独自のルールを作りました。

 

ボールの移動を2m移動しても無罰!

 

これって、凄いルールで、バンカーから出せるし、深いラフからフェアウェーに出せる

し、なんでもありのルールです。だから、170打つ人でも参加できるんですね。

 

でも僕の同級生、なんか知らないけど、練習なんかしないのに段々と毎年スコアーが

良くなっていくんです。

 

昨日なんかは、124回でした。170の時には、バンカーに入ったら手で出して、

打ちにくいとこからは、打ちやすいところまで移動させていたのですが、

 

昨日、一緒に回ってみたら、ノータッチで正々堂々と回り、なかなかのプレーヤーぶりでした。あの、ファーファー言いながら回っていたのがウソのようです。

 

同級生に練習とかした?と聞いたら練習はしてないと言うんです。

 

じゃーなんで、こんなにスコーアーが減ったのと聞いたら、

 

一年一回でも、回る前にコースでのマネージメントするらしいんです。そして、つま先上がりとか、右足下がりとか、記憶をたどり難しい場所もイメージして打てるらしいのです。

 

そう考えると、ゴルフって練習場で練習も大事ですが、実際のコースで回った事をイメージできるようにしていれば結構練習しなくても進化してうまくなると思いました。

 

これからいつまで進化するのか楽しみです。(笑)

 

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする