読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

店の店販を始めて分かったことは、お客さんは商品が欲しいのではなく、誰から買うかということを大事にしているということでした。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

 

今日は久しぶりに生憎の天気になってしまいました。晴れの時には気温が下がり寒さを感じましたが、こういった雨降りでは気温の下がり具合で冷たい雨になり、余計に寒さを感んじさせるんですよね。風邪をひきやすいので気をつけてくれると嬉しいです。

店販が売れると何気に寂しい

さてさて、今まで店の中でやっていなかった物を、最近ではやるようになってきたんです。それが店で商品を売る店販です。この店販のことはなんども書いていますが、ボクって物を売ることに興味がなかったんですよね。

これで儲けようと思ってないんですよ。ですからいやらしい話、商品をお客さんに紹介しながら買って欲しいとは思ってないんです。逆に売れてしまうと店に置く商品が無くなってしまい少し寂しさを感じるぐらいなんですよね。

 

昨日もそうでした、お客さんにエルヴィス・プレスリー仕様のワックスを紹介して買ってもらったんです。ワックスは当然いい物なのですが、買ってもらったのはいいのですが、店販に並べたエルヴィス・プレスリーのワックスが減っていると、何気にすごく寂しいんですよね。

もう追加の注文はしてるんですが、お客さんが気に入って買ってくれて、売れたら嬉しいのにこの空しさを感じるのは商品にかなりの愛着があるからでしょう。このくらい愛着があるからお客さんに良さを伝えることができるですけどね。

お客さんに詳しい商品説明はいらない

こんな愛着のある商品から復元ドライヤールビーまでボクが扱って店で販売してるのは三種類しかありません。この三種類は特別な想いが合って店で売っています。そんな思い入れのある商品だからしっかりお客さんに伝えて買ってもらいたいんですよね。

でも復元ドライヤールビーをお客さんに紹介して「このドライヤーはこうでこうだからこういった使い方もできるんですよ」と説明をしかけて、これから本題のドライヤーの性能や素晴らしさを説明しようとしたら、いきなりお客くさん「じゃー1個もらうかな」ですって。

f:id:ayuturi40:20161119153831j:plain

一個消費税込みで2万円近くするんですよ。簡単に買ってくれるんです。まだまだこれからこの良さを紹介しようとしたのにそんなことは聞かないで、購入を決めてくれました。

中には高価な物ですから家族で考えて買ってくださったお客さんもいますが、ほとんどの方がボクが今話したようにボクが紹介してる途中で買ってくれるんです。いいのかなって初めは思っていたんですよね。

中には笑いながら「まだまだドライヤーも出た分だから、効果なんて分からないからなー」なんて言って少し疑いながら買ってくれたお客さんもいるんです。(笑)ボクは本当にその時「おかしいなーいいのかなー」って感じたんですね。

お客さんは決して商品が欲しい訳ではなかった。

でもよーく考えてみました。

復元ドライヤールビーも、エルヴィス・プレスリー仕様のワックスも、クリームズクリームも、お客さんは決してその商品をどうしても欲しい訳ではないんです。

ちょっと生意気ですが(もちろんお客さんの内情を知っているということで)きっとボクが売っているから買いたくなったんではないかなって感じたんですよね。

f:id:ayuturi40:20161106140437p:plain

だからお客さんは商品が欲しい訳ではなく、誰から買うかということを大事にしてると思ったんですね。

またそんなお客さんとの関係を、もっともっと楽しく魅了的になる様にしていきたいなって考えています。

それでは、またー。

f:id:ayuturi40:20160831171828j:plain