読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

フィフティーズな自分の店が気に入りすぎて、また自分の部屋にしたくてたまらなくなっちゃいました。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

今朝は一番の冷え込みでした。隣に住んでるおじちゃんが朝ボクの顔を見るなり「おい、俺の車のフロントガラスが初めて凍ったよ」ってわざわざ大きな目を広げながら教えてくれました。今日はそのぐらい強く冷えこんだんです。

店販商品が売れると楽しいでも寂しい

さてさて、最近なんか調子が良くて、お客さんに紹介する店販商品が良く売れるんですよ。30個売れた復元ドライヤールビーもそうですが、クリームズクリームもお客さんにボクが体験したことを伝えるだけで、買って頂けるんですよね。

本当に調子に乗っている感じがしています。もちろん商品がいいのでそれだけでも売れるのですが、ただそれらの商品にはボクの違う思い入れあるんですよ。特にエルヴィス仕様のワックス、これは正直な話インテリアとして買ったみたいなものです。

f:id:ayuturi40:20161127165423j:plain

そしてクリムズクリームのPOPと商品もアメリカンチックでお気に入りなんです。そしてこの二つの商品が売れていて入荷待ちなんですよ。この前も話しましたが、商品が売れるのは凄く嬉しいんですが、店販の商品としてなくなってしまうのが寂しいんです。

フィフティーズな店を自分の部屋にしたい

その寂しさを煽る様に、ボクの気持ちの中が少しづつ変わってきました。

だんだんと心の中でこの店を止めてしまい、ボクだけの部屋にしたいなっていつも考えてしまっているんです。お客さんがきれて、一人っきりになると待合の椅子に座り、ぼーっと店の中を見渡すんですよ。

f:id:ayuturi40:20161203192953j:plain

そして、ボクの頭の中で想像が凄い勢いで膨らんでいくんですよね。例えばお客さんの髪の毛をカットするカット椅子を見ながら「カット椅子をどかしてベットを置こう、そして頭を洗う前洗面を取っ払ってしまおう」色々と自分の部屋にするアイデアが浮かんでくるんです。

もう自分の部屋でいいじゃん

できたらここで寝泊まりして、他の所に仕事に行くようなそんな生活もいいなーーーって!この気持ちはきっと現実にはとても無理なことですが、もしできるとしたらボクがもっと仕事を頑張って、他の所にフィフティーズな部屋を作るのが一番現実的かなって考えました。

f:id:ayuturi40:20161203194957j:plain

そして今日はまたお気に入りの店販の棚がやって来たんです。もちろん色は淡いピンク色!フィフティーズが漂う感じのものです。これからもこんなお気に入りのアイテムが増え続けると、ますます店を自分の部屋にしたい気持ちが強くなって来ちゃいます。

現実には無理だけど現実にしたーーい!(笑)そんな野望を胸に秘めこれからもこの店で楽しく仕事していきまーす。

それでは、またー。

 

f:id:ayuturi40:20161127165726p:plain