読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

ゴールデンウィークと言ったら、浜松市ではこれでしょう「浜松まつり」が始まりましたよー。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

今日からゴールデンウィークの中盤です。

天気も良いですし、行楽地も最高の賑わいを見せるんではないでしょうかねー。

ゴールデンウィークは店は休みだった

そんな連休はいつも店を休みにしていたんです。

田舎では連休前に髪の毛を切りに来る人が多いんですよね、ですから休みに入った時から暇になるんです。

そのためサービス業なのに旗日の連休を休みにしてました。

でも去年は店の改装を5月にやるということで、初めてゴールデンウィークの休みの間に仕事をしたんです。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20160512/20160512141006.jpg

そしたらなんか連休明けに休みを取った方が、どこも空いてるし遊びやすさに気がつきました。(笑)

そんなことで今年も5月7日〜10日までの4日間を休みしさせてもらったんですよね。

浜松まつりにはいけなくなっちゃう

でもこの休みにしちゃうと、どうしても行けないところができちゃうんです。

それが今日から始まる「浜松まつり」なんですよ。

もともとお祭り大好き人間ですから、インターネットやSNSの情報で祭りの雰囲気を楽しんでいたのですが、我慢できなくなって参加したこともあったんです。

浜松市内に住んでいた同級生と一緒に出させてもらいました。

凧揚げから中心街での激練り、地元初凧のお祝い廻りなど、朝から夜中まで参加させてもらったんです。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/ayuturi40/20160406/20160406171950.jpg

初めは2日間出るつもりでしたが、1日出ただけであまりの大変さに疲れ切り引き上げてきたんですよ。

まだまだ、当時は30代前半ですからパワーはあったはずなのですが、そのぐらい「浜松まつり」ってエネルギーを使うんですよね。

だから3日間もぶっ続けでやるには、かなりの気合いと体力が必要だなって感じました。

浜松まつり」は見るだけでも楽しい

でも参加しなくても観に行くだけでも楽しめるんですよね。

参加した後も子供を連れて行ったことがあります。

観てるだけでも、そこの場所の雰囲気が凄いんです。

http://zoomingjapan.com/photos/shizuoka/hamamatsu/hamamatsu-festival-pavilion_09.jpg

いるだけでウキウキして来て、自分も参加してるような感じになって来るんですよ。

血が騒ぐっていうのかなー。そこが「浜松まつり」の良いところなんですよね。

だから祭り好きな娘にも「観に行こうよ」って言われてますが、今年は勘弁してもらって来年には店を休みにして、浜松まつりを観に行きたいと思います。

行ってみたいなって人は、浜松まつり公式ページを貼っておくので、見てくれると嬉しいです。

それでは、またー。

 

hamamatsu-daisuki.net