読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

床屋の店には収納スペースが、多めに欲しいんですよね。

 

こんにちは〜。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

 

今日は朝から曇り気味だったので、雨でも降るかなって思っていたんです。

 

でもでも、午後になると青空が見え始めまして、太陽の日差しが出て来たのでまた暑くなってきました。

 

本当にOPENまで、ほとんど雨が降ってないですからね。

 

今回の工事は本当に助かりました。

 

さてさて、今日は昨日のトラブルから一転して待に待ったものが二つ続けて来ました。

 

一つは朝刊に入れたチラシの事です。

 

f:id:ayuturi40:20160519190003j:plain

 

町で出会った人に

 

「チラシ見たよ、和男君はロカビリーが好きなんだね〜。」

 

て言われたんです。

 

「ニコ〜」

 

としてボク

 

「ありがとうございます。」

 

嬉しいですね。

 

その方もちゃんとチラシの隅まで見てくれてました。

 

それに美容院の予約に新規の方から電話を頂きました。

 

f:id:ayuturi40:20160520155315j:plain

 

チラシを出した事で店の再確認と、新しいお客さんの掘り起こしができたら嬉しいです。

 

そしてなんといってもメインの出来事は、美容室への保健所の検査が行われるという事です。

 

朝早くから色々な職人さんに頑張って頂き、いつ来てもOKを頂けるまでに仕上げて呉くれました。

 

10:30分に保健所の方が見えて、20分ぐらいで検査が終わったんです。

 

結果は、OKです。(笑)

 

ちょっと店の中を変更したのでそれがどう出るか、心配でしたがおかげさまで大丈夫でした。

 

この大きな特別な用事が済めば、後はもう店の中を(床屋)作っていくだけですね。

 

美容院の方は出来上がったのでOKです。

 

今日は床屋にとってとても大事な収納スペースを、どこにするかで使い勝手や、お客さんからの目線でいい感じに見えて場所はどこなのか決める日でした。

 

もともとの店には大きな収納スペースが二つあって、2/3を無くしてしまったので大変です。

 

その為に間仕切りとして使っていた大きな棚と、収納庫を半分に切ってしまい、その残った半分を高く立ち上げて上に棚を付けて使う事にしました。

 

本当に一番気に気にしていたのが、収納庫の使い勝手よりも色をどうするかでした。(笑)

 

そこで設計士の鈴木さんと、嫁さんと三人で話し合い色を決めたんです。

 

収納庫は全体を白くして、後ろの壁の色(ペパーミントグリーン)を生かしてやろうという事になったんです。

 

f:id:ayuturi40:20160520160724j:plain

床屋の壁の色は、白を基調としてワンポイントというか・・・ペパーミントグリーンが光るか感じにしました。

 

またお客さんが来店してくれる時にどんな反応をしてくれるか楽しみです。

 

本当に今日は、ホッとした1日になりました。

 

それでは、また〜。

 

 

f:id:ayuturi40:20160415185708p:plain