読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

今年はいよいよ50歳の大台になります。そのせいか物忘れが多くなった様な感じがするんですよね。

雑感 生活 生き様 暮らし

 

こんにちはー。
浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

昨日までは天気が良いのにいきなり寒くなったりして、おかしな天気が続きました。しかし佐久間町は高い山に囲まれているおかげで、雪が降るのは比較的少ないんですよね。おかげで今日は風がなく暖かい日になりました。

27年間の生き様

さてさて、今年はいよいよ50歳という大台になる歳になります。いやですねー、まさか自分が50歳になるなんて考えてもいませんでした。

23歳で地元に帰り知らない間に27年もの間が過ぎてしまっていたんですよね。

若い頃は年配のお客さんとかに「若いうちに苦労して、色々と勉強しないとダメだぞ」って言われてました。

f:id:ayuturi40:20170212134908j:plain

でもその時はそんなことは全然考えないで簡単に口だけで「そうですよね。大事ですよね」なんて言って気にも止めてなかったんです。

学生の頃も勉強しなかったことを若い頃は何も気にしないで、教養がないのが自慢ぐらいにいましたからねー。

しかし流石にこの歳になり若さというのに羨ましくなる年齢になってくると、色々と悔やまれることが多々出て来ます。

反省から学ぶのも

もっと勉強やればよかったとか(せめて字だけでも上手く書ける様にしておけばよかった)おじさんたちの経験談をもっと真剣に学べばよかったなんて言い出したらきりがありません。

しかしいくら悔やんでも、もう戻ってこないんですよねー。もう決して戻れない時間なんです。

f:id:ayuturi40:20170116161848j:plain

でもこの50歳近くなってからまた新しく学ぶことを初めています。だから時間は戻せませんが、これからの時間を実のあるものにしていきたいと考えています。

でもね、こんな反省をして新しいことを学ぼうという矢先から、とんでもないことがやたら出てくるんです。

まさか50歳になると物忘れが多くなるの?

それは物忘れなんですー。

「まだ早いよその病気は」って言われるかもしれませんが(認知症ではないですよ)実際に起きているんです。

ボクが一番気にしていた誕生の日を忘れていたんですよー。2月8日のことなんです。

この日はボクが大好きなロカビリーが日本で初めてお披露目された日なんです(日劇・ウエスタンカーニバル)

music-calendar.jp

こんな大事な日を1月の終わり頃までは分かっていて、ブログにこのロカビリーの日のことを書こうと考えていたんです。ずっと!

でも忘れてしまっていて知らない間に過ぎてたんです〜。悲し〜い。

もっとすごいことは仕事が終わりお風呂に入り、脱衣所で下着を着ようと、シャツを着てパンツを履こうとしたら、パンツがないんですよ。

おかしいなって思い自分の部屋にあるタンスのところに行ったら、ちゃっかりパンツが置いてありました。一回ならまだしも2日続けて忘れてるのーー。

f:id:ayuturi40:20170212141730j:plain

だから下半身ぶらぶらで2回も部屋までパンツ取りに行来ましたよ!

三年前に脳ドックやって医者さんが「5年こなくてもいい」って言ったけど、今年は行かないといけないかもー。

ちょっとお茶目な物忘れの近況をお伝えしました。(笑)

それでは、またー。