読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

床屋のシンボルのサインポールには、昭和の懐かしさと暖かみを感じるんですよね。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

床屋って

最近では凄くオシャレな床屋が増えて来たなって感じてるんです。

もともと床屋って西洋理髪と言って、明治の時代に西洋文化に追いつこうとして、まずはちょんまげを断髪して、西洋で流行っていたヘアスタイルにさせたんですよね。

もちろん当時は男性上位の時代ですから、女性よりも男性の方が髪の毛とかファッションにお金を使っていたんですよ。

f:id:ayuturi40:20170525185145p:plain

(西洋理髪発祥の地)

特に西洋の文化に追いつこうとか考えていた男性は、西洋理髪店で最先端のヘアースタイルにし、ヒゲを整え、ネイルもしていたんですよねー。

そんなオシャレな西洋理髪店が男性専用の店、床屋として明治時からだんだんと発展していきました。

サインポールはダサい

そしてその時のシンボルが床屋で有名なサインポールなんですよ。

日本では西洋理髪と同じように理髪外科医としての名残も入って来たので、赤は動脈・青が静脈・白が包帯、としていい伝わって来たんです。

そんなサインポールを店になくてもいいなって、考えていた時もあったんです。

f:id:ayuturi40:20170525185014j:plain

カリスマ美容師が流行り床屋より美容室の方が人気が出て来て、床屋のシンボルであるサインポールが凄くダサく感じたことがあったんですよね。

まだ自分も若かったし昭和の匂いがするサインポールが、自分たちの技術や雰囲気も遅らせてせているような感覚になっていたんです

だから本当はサインポールを店を新しくする時には、付けるのやめようかなって考えていたんです。

サインポールは昭和の暖かさを醸し出してる

でも付けて良かった。

ボクが作りたかったアメリカンフィフティーズのイメージにぴったりの雰囲気を、醸し出してくれてるからなんです。

最近ではテレビ番組のセッテイングにサイポールなんかをインテリアの一部として飾ってあったりしてるんですよね。

何気ないそのサインポールが凄くその番組の雰囲気を和めてくれているというか、昭和の懐かしさや暖かさなど、床屋の庶民的な感覚が何か安心を誘ってくれる感じがするんです。

f:id:ayuturi40:20170525184914j:plain

そしてそんな床屋のシンボルのサインポールは、ボクにとってもとても大事なものになりました。

これからも日本が一番輝いていた昭和の匂いがするサイポールは、床屋のシンボルとしてだけではなく、その場の雰囲気を暖めてくれる物として、あり続けてもらえると嬉しいなって感じました。

それでは、またー。

 

エルヴィスになれる日がやって来ましたよー!一周年時別企画「エルヴィっていこうぜー」が始まります。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

おばあちゃんの葬儀の投稿には、暖かいお言葉を多くのお客さんや友達からかけて頂き、本当に嬉しかったです。

これからもおばあちゃんの思い出を心の中にしまい、頑張っていきます。

ありがとうございました。

新店舗になり一年が経ちました。

さてさて、あっという間に店を新装開店して1周年になってしまいました。

これもお客さんや友達に応援して頂いたおかげだと感じています。

本当にありがとうございました。

f:id:ayuturi40:20170516150054j:plain

開店1日目の朝に縁起を担ぎ、わざわざ新装開店の朝1番に常連のお客さんご夫婦で来ていただいたんです。

ほんと商売やっていると色々な縁起を担ぐんですよねー。

それからしばらくの間、約2週間も待たせておいたお客さん達が一斉に来て頂き、もう忙しくて肩がパンパンになったのを記憶してます。

まー今ままでは嫁さんを入れて3人でやっていた仕事を、母親と二人でやるわけですから忙しいわけですよねー。

f:id:ayuturi40:20170516130041p:plain

でも、オープンしてからは遠くからもお客さんに足を運んで頂き、多くの新しいお客さんと知り合いにもなれたんです。

これもFacebookTwitterなどSNSをやり、楽しい仲間達と知り合えたことが理由ではないかなって感じています。

エルヴィス・プレスリーになれる店

そんな全てが新しくなったボクの店では、今日1周年をお祝いしてある企画を考えました。

それはボクの大好きな「エルヴィス・プレスリー」になってもらいたいなって考えたんですよねー。

f:id:ayuturi40:20170524191954j:plain

なんでかというと、それはボクがなりたかったからなんです。(笑)

冗談はさておき、これまでずっと「エルヴィス・プレスリー」のことをアピールして来ました。

きっと中に名前すらも知らないお客さんがいたかもしれません。

もしかすると、ずっと憧れていていつかは「エルヴィス・プレスリー」になりたかったお客さんもいるかもしれません。

f:id:ayuturi40:20170524192151j:plain

どちらにしても興味があり、楽しそうだなって感じてくれたら1番嬉しいんですよね。

エルヴィスのパネルが今日来た

そんな楽しみな「エルヴィスプレスリー」のパネルが今日来たんです。

この一ヶ月の間どのスタイルの顔抜きパネルにしようか凄く悩んだんですよねー。

そのおかげであまりにもパネルの格好良さに「こりゃーやばいなー」って感じちゃいましたもん。

f:id:ayuturi40:20170524191829j:plain

これかなりのお客さんがエルヴィってくれそうな感じがします。

そんなイカした顔抜きパネルを店にセッテイング。

そしてもちろん1番にボクがエルヴィらせてもらいました。

f:id:ayuturi40:20170524191732j:plain

そしてこの方もエルヴィリましたよー!

f:id:ayuturi40:20170524191613j:plain

こんな感じでお客さんと一緒にこれから飽きるまで「エルヴィっていこう」と思います。

それでは、ボクの店にエルヴィりに来てくれると嬉しいです。

f:id:ayuturi40:20170128175652p:plain

 

 

 

 

97歳のおばあちゃんを天国に見送って来ました。

 

こんにちはー。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

おばあちゃんみたいに長生きしないとねー。

一昨日の月曜日に嫁さんと久しぶりに晩御飯でも食べようかと言って、ゆっくり温泉に入りそれから浜北の方に食事に行ったんです。

店に着いたらいきなり電話が鳴り響きます。

出てみるとおばさんから「今おばあちゃんが息を引き取ったからね」という連絡だったんです。

もう何回か入院を繰り返してあまり良い状態ではなかったのですが、まさかこんなに早く亡くなるとは思いもよりませんでした。

f:id:ayuturi40:20170523180922j:plain

食事を早く済ませ、そのまま浜松市水窪の親戚の家に行き、病人として帰宅するおばあちゃんを迎える準備をしたんです。

0時半におばあちゃんが到着し、近所の人と和尚さんと4人で布団のまま持ち上げて、布団の引いてある部屋まで連れて行き寝かせました。

不思議なもので小さい体のおばあちゃんが、なんかその時はすごく重たく感じたんですよね。

布団に寝かしたのはいけど枕のせいでしょう、顔の向きがどうしても左を向いているんです。

しょうがないのでボクが上むきで寝ているおばあちゃんの首を持ち上げて、真っ直ぐ上を見るようにしました。

f:id:ayuturi40:20170523181146j:plain

その時におばあちゃんの首を持ちながら、おばあちゃんに触れたのは小学校以来かなって考えてたんです。

小さい時は親戚のうちに来ると甘えておばあちゃんの膝の上に良く座ったものでした。

それから40年ぶりに体に触れたんです。

首を持ち体に触れた時からなんか知らないけど、おばあちゃんとの思い出が蘇って来たんですよね。

おばあちゃん、いつもボクの体を気にしていてくれたんです。

5年前にもそうでした。

もう自分は90歳を超えてあまり体も上手く動かないのに、ボクの心配をして少ししかもらえない年金から「これは体にいいから少しずつ飲みなさい」って地元で取れた高価な「はちみつ」を送ってくれたんですよね。

f:id:ayuturi40:20170523181435j:plain

そんな自分のことよりも孫のことまで心配してくれた優しいおばあちゃん。

自分の息子がボクの父親を含め3人いたんだけど、みんな先に亡くなったんだよね。

いつも「辛い辛い」って言ってた。

そんな思いがあるからボクのことを余計に心配してくれるんだろうなって考えてました。

そんなおばあちゃんが97歳で旅立ちました。

仏様になったおばあちゃんを見た時、きっとボクの親父やおじさん達が迎えに来てるんだるなって考えると、もう「辛い辛い」って言わなくても済むから、きっと寝顔で笑ってるんだなって感じたんですよね。

ゆっくり休んでね、水窪のおばあちゃん。