読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浜松市佐久間町のフィフティーズな床屋 乗本和男のブログ

フィフティーズ大好きな床屋の店主です。円満家族のお手伝いをする床屋です。

アニソンカフェはボクが思っていたより楽しくて、みんなが繋がるコミュニティでした。

趣味 雑感

 

こんにちは〜。

浜松市佐久間町の理容師 乗本和男です。

昨日の予定

さてさて、昨日はスペシャルハードスケジュールでした。まず、休みなのに朝の6時に起きて、7時には朝御飯を食べて畑の草刈りに行き3時間みっちりやって、家に来たらシャワーを浴びて12時から始まるSNSの勉強に間に合うように昼御飯を食べて勉強を6時間近くやり、それから晩御飯を食べながら、旧浜松市東名高速を使い遊びに行きったんです。

f:id:ayuturi40:20161017173106j:plain

いつもならSNSの勉強が終わったら、晩御飯を食べてゆっくりなんですけど、昨日は高丘の親友の島沢さんと一緒にアニソンカフェに遊びに行こうという約束をしていたんですね。約束したのはいいけど、アニソンカフェって自分のイメージで言うと、名前の通りアニメオタクの方が集まりそこでアニメソングを歌い、あの独特のダンスなんかもするんではないかなっていう考えでいたんです。

初めてのアニソンカフェ

そんな不安を持って島沢さんと一緒に浜松市の千歳町にある「アニソンカフェこねくと」に着きました。本当に初めて入っていくここは、どんな世界があるんだろうという凄い不安と、ボクなんかヘアースタイルはリーゼントでおっさんだし、かなり場違いな感じで、そんな不安な要素を持ちながら店のドアを開けたんです。

開けた瞬間店の中は、アニメのフィギアとポスターで埋め尽くされてました。店内写真がNGなので見せることできないけど、なるほどこんな雰囲気なんだなって自分が考えていたのと近かったので少しの安心感があったんです。

そしてもちろんアニソンカフェですから、カラオケを歌わなくてはいけないんですよね。それにいつもはアニメソング限定なんですけど、昨日の日曜日だけはなんと自由の日なんですよ。

f:id:ayuturi40:20161017173236j:plain

アニメソングだけではなく、普通の歌もOKという日なんです。これで僕も助かりました。しばらくして慣れたもんで島沢さんが、唄って場所の雰囲気をほぐしてくれたんです。もう常連だからスタッフの人達と仲良く話したりしてるんですよね。

それにこの場所を和ませてくれるスタッフ達、女の子がアニメキャラのコスプレしてカラオケソングにあわせて盛り上げながら踊ってくれるんです。そのノリがすごくいいんですよ。なんていうのか〜。ステージに上がりカラオケを歌うと大体関係ない客は下を向いて次の歌う曲を探してます。

でもそのスタッフの女の子が、ステージの前で歌う人をどんな曲でも合わせてリズムを取り盛り上げてくれるんです。だから唄っていても一人で唄っているという感じではなく、一緒に盛り上げてくれるから楽しんですよね。

アニソンカフェは、人を繋げる楽しいコミニュニティ

もうこのスタッフの女の子の盛り上げ方にずっと感動しっぱなしでした。そのおかげで、ノリに乗ってアニソン2曲、ロックンロールを3曲を唄ってしまいました。本当にあの子達の盛り上げのおかげで店の雰囲気もいいんですよね。

そしてボクが一番感動したのが、お客さんがステージ歌い終わると、自分の席に帰る時に、踊っていたスタッフの女の子やお客さん全員が手の平でハイタッチをして、唄った人を褒め称えるんです。

「わーこれ何?」って感じなんですよ。始め遠慮気味なハイタッチをしていたボクですが、慣れてくると自分から率先してステージから降りてくるお客さんにハイタッチをやってました。(笑)

f:id:ayuturi40:20161017173114j:plain

アニソンはオタクの世界でボクなんかが入っていけないところだと思っていたけど、この店の雰囲気ももちろんあると思うのですが、店に来るオタクの人達はしっかりとアニメソングというものでしっかり繋がっていて、店に来たお客さんともアニメソングというもので繋がり輪になるんだなって感じたんです。

つまりこの場所、そしてアニソンとうものがみんなを繋げることのできる楽しいコミュニティだってわかりました。また時間ができたら、親友の島沢さん誘って行ってきます。その前にアニソン2・3曲覚えておかないとね!(笑)

アニソンカラオケかふぇ&ばー『こねくと』

それでは、また〜。